六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

日焼けは英語でどう言えば良いでしょうか?

test

日焼けは英語で、suntanned. と言います。 夏の日差しは紫外線が強いので、海やプール、川へ行く時は、日焼け止めを塗っていくことが大切です。

以前、川でのバーベキューでも、かなり日焼けしますから、日焼け止めをと袖のある衣類が必要です。ノースリーブで日焼け止めをうっかり忘れたら、肩など日差しにあたりやすい部分は、真っ赤になって、水ぶくれになることさえあります。

皮膚がヒリヒリとして何日後、水ぶくれになって夏の終わりには、シミが無数に出てきているなんてことにもなりかねない。一度できたシミはなかなか消えません。

日焼けが水ぶくれになりました。を英語で言うと、My sunburn has started to blister.と表現できます。誰もが一度は経験があるかも知れません。

(日焼け)をしても、赤くならずに小麦色になる人もいますね。皮膚が敏感な方は、海や山だけでなく、川での紫外線対策も必要ですね。

(僕は日焼けして真っ黒になった。)と英語で伝えたい時は、I got sunburned and became dark.  カップルが海やプールに行って、日焼け止めを塗りあっている光景をみることがありますが、英語では、(あなたは日焼け止めを塗って欲しいですか?)と声をかけるなら、Do you want me to put on sunscreen for you? 、親切な言葉で、気がきく一言ですね。 覚えておくと役立ちます。

海外の強い日差しでうっかり皮膚が痛くなったら、(日焼けして痛い。)My sunburn (really) hurts. つぶやきましょう。 誰かがクリームを持っているかも知れません。

(日焼け止めクリームを塗っていくのを忘れ、炎症を起こした。)英語では、I forgot to wear sunblock and got sunburn.このような英文を覚えておきたいものです。

海外旅行では、ビーチへ行くこともあると思います。日焼け対策はしっかりとしておきたいものです。ホームステイなどでは、日焼けした肌が痛い時などは、我慢せずに英語で伝えられると良いですね。

あなたが行く海外で使える英短文を覚えておくことが海外滞在中では大切です。

【例文を読む】

I suntanned.

私は日焼けをした。

I didn't get sunburned.

私は日焼けをしなかった。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。