六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

敬称を英語で書く時の方法

【記事概要】

今日は、英語圏へのレター、メ−ルの敬称の書き方をご紹介しましょう。 男性の場合はMr.をつけて、Mr.Hayashi,Mr.Frostのように使いますが、女性の場合は、独身の女性の場合、Miss(ピリオドなし)既婚者の場合は、Mrs.(ピリオドあり)と記載します。

簡単なようですが、レターやメールを書く時に、どっちだった?と思いだせないことも良くあるので、しっかり覚えておきましょう。

ビジネス場面では、相手の女性が独身か既婚者か解らないことが良くあります。 間違えてしまったら、相手に失礼になってしまうこともあります。 

ビジネスシーンで、荷物や乗せた船や飛行機の発着のジュールを伝える時にも必ず担当者にMr.Ms.〜と宛名を入れて送ります。

Ms(ピリオドなし)は、今もまだ使われることがありますが、現在は、Ms.(ピリオドあり)が一般的です。 海外で、相手を呼ぶ時は、Mr.はフルネームや氏の前にだけにつけます。 Mr.+ファーストネームの組み合わせはしないことも覚えておきたいものです。

英語圏では、相手へ親しみを表すために敬称をつけず、名前を呼び捨てにするのが一般的です。ネイティブの人も同じです。

敬称を英語で書く時、相手を呼ぶ時の表現方法を覚えてお役立てください。

【例文を読む】

Mr.Bob Jones. (Mr.+フルネーム)

Mr.Jones.(Mr.+名前)

Ms. Mary Frost.(Mr.+氏名)

Ms.Frost.(Ms.ピリオド入り+氏)

私でもできた!英会話・TOEICをグングン伸ばすコツ (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。