六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「氷山の一角」にまつわる英語表現

f6957f61a6bb6287533cda06a4c7305f_s.jpg

何か事件が起きたときなど、他にも似たようなことがたくさん起きているかもしれない、ということを指して、「これは、氷山の一角かもしれません」という表現がよく使われますね。

この「氷山の一角」というフレーズ、英語では何というのでしょうか? 「それは、氷山の一角に過ぎない」は、英語では、”It is just the tip of the iceberg.” や、”It is only a camel’s nose.” などと、表現できます。

”tip” は、英語で「先端」「先」といった意味ですので、”tip of the iceberg” は、まさに文字通りという感じですが、”It is only a camel’s nose.”の方は、「氷山の一角」を、「ラクダの鼻」と表現するのが面白いですね。

「その議員による公金横領は、彼の悪事という氷山の一角にすぎなかった」は、 英語では、”The embezzlement of public funds of the lawmaker was only a small part of his crime.”と、表現できます。

「私がベトナムの戦争記念館で見たものは、氷山の一角に過ぎないのかもしれない」は、”What I saw in the war memorial in Vietnam might have been the tip of the iceberg.” と、表現できるでしょう。

「氷山の一角」にまつわる英語表現を紹介します。

 

【例文を読む】

Every time I watch television reports on bullying at school, I think it is the tip of iceberg.

学校でのいじめの報道をテレビで見るたびに、氷山の一角だと思う。

What you have studied about the refugee issue was only a small part of the problem.

難民問題についてあなたが学んだことは、氷山の一角だよ。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。