六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

台風について英語で表現する

e00315f0463b4544cadd98f680482a10_s.jpg

今日は台風について英語で説明してみましょう。台風は英語でa typhoon、破壊的な台風.はa destructive typhoon と表現します。

台風が近づいていて、夏の楽しみにしていた宿泊プランが中止になってしまうこともありますね。日本の最近の台風は、アメリカのように同時に竜巻が起こり、ビルの壁や一軒家をも破壊し飛ばしてしまう威力さえあります。

(台風が近づいています。)英語では、A typhoon is approaching. そのような時の受け答えとしては、例えば、 (気をつけないと。)は英語でWe have to be careful.も使えます。

お天気情報は、周囲の人にも伝えてあげると親切です。 天気に関する英会話を幾つか覚えて置くと大変役立ちます。例えば、(台風が東京を襲った。)これを英語で言うと、The typhoon hit Tokyo.となります。

台風が強い場合は、飛行機も新幹線もストップすることがあります。もし、台風で帰れなくなった場合など、(私達は東京へ帰れなかった。)The typhoon prevented us from going back to Tokyo.このような事情を英語で伝えられると良いですね。

台風が上陸したことを英語で伝えたい場合は、(台風が関東地方に上陸した。)The typhoon struck the Kanto district.と表現できるでしょう。

台風が近づいたら、食料品を少し多めに買いこんで、学びの時間に使うのもおすすめです。台風が過ぎるまで英語の学習や英語のビデオ観賞、音楽鑑賞などを楽しむ時間に使えると最高です。

ポップコーンやポテトチップスをたべながら、字幕吹き替えなしの洋画を見て英語が学ぶのも良いですね。英語学習には、アメリカで人気のドラマフレンズもおすすめです。

台風についての英語表現を覚えてお役立てください。

 

【例文を読む】

The wind is getting stronger.

風が強くなってきた。

Another typhoon is coming.

台風がまたきます。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。