六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

便秘です。と英語で伝えるにはどう言えば良いでしょうか?

6f660ca6a1d92d67af820a16b6fb9082_s.jpg

便秘です。と英語で伝える表現をご紹介しましょう。便秘です。は英語でI’m constipated.です。

慢性便秘症だからと海外旅行を諦める必要はありません。海外旅行や出張時に便秘でお腹が痛くなってしまったら辛いですが、もし、便秘がひどくて病院へ行って慢性的な便秘で苦しんでいます。と伝えたい時は、英語でI'm suffering from chronic constipation.と説明でしましょう。

もし、あなたが便秘ぎみのまま海外へ来てしまって、ひどい腹痛になってしまったら、I’d like to see a doctor.(お医者さんに診てもらいたい。)と伝えましょう。

便秘もひどくなると食欲もなくなってくることがあります。このことも内科や消化器科を受診した時に、海外でドクターに伝えられば安心です。食欲がほとんどありません。I have little appetite.

おなかもすっきりして、海外での食事を楽しみましょう。もし、赤ちゃん連れの海外旅行で赤ちゃんの便秘が心配な場合は、赤ん坊は便秘している.The baby is constipated. この英文を覚えておけば安心です。

便秘でもひどい腹痛になれば床をのたうちまわるほどの痛みになる場合もあります。このようなことにならないように、便秘ぎみだなと思ったら早めに整腸剤などを利用する、早めに病院で便秘薬を処方してもらえないか聞いてみましょう。

身体の弱い部分があったとしても、必要な英語表現を使ってイザという時に伝えられれば海外旅行も楽しめるはずです。覚えておくと安心だと思える英語表現を暗記して、安心して海外旅行を楽しみましょう。

使える英語は、いざという時に役立つ英語、使える英語を学ぶことが海外生活では役に立ちます。

【例文を読む】

I have been constipated for three days.

3日間便秘しています。

I ‘d like to have a chedk-up.

診断をしてもらいたいんです。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。