六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

サッカー・ワールドカップにまつわる英語表現

girl-483598_640.jpg

サッカー・ワールドカップのブラジル大会。ドイツの「24年ぶり」(for the first time in 24 years)の優勝という結果で終わりました。

日本は残念ながら、予選で敗退 (lose in a preliminary round) してしまいましたが、各国から選りすぐられたスター選手の、華麗なプレーに酔いしれたサッカーファンの皆さんも多かったのではないでしょうか。

今回は、そんなサッカー・ワールドカップにまつわる英語表現を紹介します。前回王者のスペインが予選リーグで早々に敗退したり、準決勝でブラジルがドイツに「大敗」(a catastrophic defeat)を喫したりするなど、番狂わせも多くあった今回の大会。

この「番狂わせ」、英語では ”upset” と言います。「今回のワールドカップで、コスタリカがイタリアに勝ったのは、番狂わせだった」は、英語では、”It was the upset that Costa Rica beat Italia in this year’s World Cup.” と、説明できるでしょう。

また、「優勝候補は、下馬評ではブラジルだった」は、”They said that Brazil would be a potential winner.” と、表現できます。

ワールドカップにまつわる英語表現を紹介します。

【例文を読む】

The big defeat of Brazil devastated the people of the country.

ブラジルの大敗は、国民をひどく落胆させた。

In the final, Germany beat Argentina 1-0 in extra time.

決勝では、ドイツがアルゼンチンを延長戦の末に1-0で破った。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。