六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「ドラえもんについて」英語で説明する

ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s.jpg

 

 息の長い人気を誇るアニメ「ドラえもん」。既に世界35か国で放映され、人気を博していますが、今年の夏、ついにアメリカでも放映開始が始まるそうです。そんな「ドラえもん」について、英語で説明してみましょう。

 

「ドラえもんとは、未来の国からやってきた、猫の形をしたロボットで、お腹の4次元ポケットから出したさまざまな道具で、主人公を助けます。」

”Doraemon is a catlike robot coming from the future who help the central character with various gadgets taken from the four-dimensional pocket at his tummy.”

 

これまで、「ドラえもん」がアメリカで放映されていなかったのは意外な気がしますが、その大きな理由としては、強いヒーローが好まれるアメリカで、弱虫 (chicken) な主人公「のび太」のキャラクターが受け入れられるのか、という懸念があったからのようです。

 

そのため、アメリカでの放送にあたっては、内容などに一部改変が加えられるようです。また、ドラえもんの大好物、「ドラ焼き」は、英語版では”Yummy Bun”になるとか。「ドラえもん」に関する英語の表現を紹介します。

 

 【例文を読む】

Jaian, or “Big-G” in the American version, is a naughty boy whose signature phrase is “What’s mine is mine. What’s yours is mine.”

ジャイアン、アメリカ版では「ビッグG」は、いじめっ子で、彼の決め台詞は「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」だ。

 

Nobita doesn’t like studying and is also terrible with sports.

のび太は勉強もできず、スポーツも苦手だ。

 

なお、英会話フレーズをたくさん覚えるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

 1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまうコツとは