六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

雨に関する英語表現

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s.jpg

今回は、雨に関する様々な英語の表現を紹介します。梅雨シーズンは英語では、”rainy season"です。

「雨が降ってきそうだ。」は、英語で"It is likely to rain" と言います。 「にわか雨に降られた。」は、”I was caught in a shower.”  天気予報を信じて、朝、傘を持って出かけなかった日などに使える表現です。

また、お天気なのに雨が降っている、天気雨 "sunny shower" という現象もあります。 体がぬれるほどのひどい雨は、”soaking rain” 、“driving rain” などと言います。

「雨で体がびしょぬれだ。」を英語で言うと、”I am soaked to the skin because of the rain.” と表現できますね。 そして、梅雨の時期に怖いのは、食中毒 (food poisoning) です。

気温も湿度も高くなっていますので、食べ物にカビが生えたり、細菌が繁殖したりしやすくなります。手をよく洗い、食べ物を出しっぱなしにしないなどの対策を取りましょう。

また、梅雨寒A"rainy season cold" といって、急に気温が下がることもある時期ですので、体調管理には気を付けたいですね。雨に関する英語表現を紹介します。

【例文を読む】

The open-air concert was rained off.

その野外コンサートは、雨で中止になった。

After the rain, umbrellas are likely to be left behind.

雨の後は、傘の忘れ物が増える。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。