六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「虫刺されについて」英語で説明する



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


830b29127d94485634143da696e3b165_s.jpg

毎年、夏はキャンプなどのアウトドアを楽しんでいるとよくブヨ(gnat)に刺されるものです。虫刺され(insect bite)は、かゆくてやっかいですね。そこで今回は、「虫刺され」に関する英語の表現を集めてみました。ご紹介しましょう。

「ああ、また蚊に刺されちゃったよ。かゆいなあ。」英語では、”Oh, I’ve got eaten up by mosquitos again. It’s itchy.” と、表現できます。

かゆいときに塗るのは、「虫刺され薬」(insect bite reliever) ですね。 しかし、蚊に刺されるとかゆいだけでなく、蚊が媒介する病気にかかることもあります。まずは、刺されないように予防することが大切です。

 蚊などに刺されるのを防ぐのに有効なのは、蚊帳(mosquito net)や、蚊取り線香(pyrethrum coil)、虫よけスプレー (bug spray)などですが、虫よけスプレーは、市販のものを使っても良いですが、シトロネラなどのアロマオイル(aromatic oil)を使って、手作りすることもできます。

ぜひ、試してみてください。「虫刺され」に関する英語の表現を紹介します。

【例文を読む】

Don’t scratch the mosquito bite. That’ll make worse.

蚊に刺された跡は、掻いてはだめだよ。ますますひどくなるから。

Let’s sleep under a mosquito bed tonight.

今夜は、蚊帳を吊って寝よう。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。