六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

本のレビュー:マイケル・ルイス氏の「フラッシュボーイズ」(NHK WORLD)



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


【記事概要】

2007年春、ロイヤル・バンク・オブ・カナダのニューヨーク支店で株式トレーディング部門を率いていたブラッド・カツヤマ氏はマーケットの動きが変だ、と感じた。インテルの株式1万株を1株22ドルで買おうと「買い」ボタンを押したとたん、売り注文が消えてしまった。まるでマーケットが彼の心を読んで彼が買う前に売り注文を変えてしまったかのようだった。状況はかなりそれに近かった。マイケル・ルイス氏は新著「フラッシュ・ボーイズ」の中で、高頻度に取引を行う業者は、高度なコンピューター技術や光ファイバーなどを駆使して数千分の1秒単位で他の投資家に先がけて取引を行うなど、大手の投資家を悩ませる存在であると語っている。

【原文を読む】

・In the spring of 2007, Brad Katsuyama , a rising New York banker at the Royal Bank of Canada , realized something was funny with the markets.

2007年春に、上昇中のロイヤル・バンク・オブ・カナダのニューヨーク支店のブラッド・カツヤマ氏はマーケットの動きがおかしい、と感じた。

・He was trying to buy 10,000 shares of Intel , offered at $22. But the moment he pushed the buy button, the offers vanished.

彼はインテルの株式1万株を1株22ドルで買おうとした。しかし「買い」ボタンを押したとたん、売り注文が消えてしまったのだ。

【原文リンク】 http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303702904579476513706046106.html?mod=japan_newsreel#articleTabs%3Denglisharticle

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。