六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

Plagiarismとは何か?

【記事概要】

今日は, 英単語Plagiarismについてご紹介しましょう。

他人の論文や報告書などの全部または一部を、引用(citation)を示すことをせず、そのまま自分のものと書き写して無断で使うことを英語でPlagiarism(盗作)と言います。

日本の大学ではあまり厳しく指導しない場合が多いのですが、西洋の大学のなかにはコースの最初に、課題(assignment)に取り組む際の注意ごととしてPlagiarismを行ったら本大学では退学処分を取ると指導があります。

自分の方が先に仕上げた課題を他人に写されてしまったという言葉もよく聞くが、仕上げた課題を盗用されないようにきちんと管理するのも学生の責任である」と厳しく言われることもあります。

せっかく苦労して入学した大学を、Plagiarismのために退学になったらもったいないです。文献の引用のルールをきちんと守り、友達のアイディアを使う場合にもルールを守り、そして自分の課題のデータを盗まれないよう、大学や寮などの共通のパソコンを使って行った場合には、そこにデータを残さないように注意しましょう。

またデータやアイディアの出展がわからない場合には英語で、Do you know whose work is it?(これは誰の仕事だか知っていますか?)などという表現で、先生や友達に確認するようにしましょう。

【例文を読む】

John has expelled from the university for plagiarism.

ジョンは盗作が原因で大学を退学処分となった。

New anti- plagiarism software will be developed.

新しい盗用防止ソフトウェアが開発されるだろう。

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。