六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「前向きに検討します=I'll give it serious thought.



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


【記事概要】

ビジネスの場で役立つ英語表現をご紹介しましょう。取引先との交渉で相手側から何か提案された際、その案に対してすぐに決断を下すことはできないが、今後良い方向に進めていきたいという場合、「前向きに検討します」と伝えますね。

それを英語では、” I'll give it serious thought.”と言うことができます。この中にある”serious thought”とは「じっくり考える」という意味で、相手の提案についてよく検討し判断したいという意図が含まれています。

日本人がよく使う表現の”I’ll think about it” 「考えておきます」は、口先だけで真剣に考えるつもりはないというニュアンスを含んでいるため、提案に対しての答えが”Yes”よりも”No”に近いという印象を相手に与えてしまうことになります。

細かいニュアンスの違いを覚えて、適切な英語表現を使えるようにしたいものですね。

【例文を読む】

Please participate in this project. - I’ll give it serious thought.

このプロジェクトに参加してください。― 前向きに検討します。

I’d like you to do business with us. - I’ll give it serious thought.

われわれと取引していただきたいと思います。― 前向きに検討します。

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。