六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

英語で否定的な意見を柔らかく伝えるにはどうしたら良いでしょうか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


person-890827_640.jpg

どんな言語においても、人と話をしていれば意見や考えが食い違うことがあります。相手の意見に否定的であることを伝えなくてはならない場面もありますね。柔らかい表現・湾曲表現は日本語であれば得意という方も多いのではないでしょうか?ですが、もちろん、英語にも日本語と同じように控えめで柔らかい表現はたくさんあります。

ここでは、よく使われる言い回しを紹介いたします。それが That doesn't seem… です。“that's not right.”を訳すと「それ間違っているよ。」ですが、“That doesn't seem right.”ですと、「それは間違っているように思えますが。」となります。

これならストレートになりすぎず、否定的な意見を述べる時にも丁寧な印象を与えることができます。伝える側としても、“that's not right!”とは中々言いづらいもの。

そんな時に知っているととても便利な表現です。英語では自分の意見をはっきり言うこと!とよく耳にしますが、(特に否定的な意見では)ただストレートに言えば良いというものでもありません。

場面によって伝え方を使い分けることができたらベストですね。大人として英語を話すなら是非このような丁寧で柔らかい表現も身につけておきたいです。

【例文を読む】

That doen't seem good idea.

あまり良いアイデアではないように思いますが。

That doen't seem fair.

それはちょっと不公平に思えるのですが。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。