六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

ホテルで朝食をとるとき、英語でどう言えば良いでしょうか?

ホテルでの朝食は、滞在中の楽しみのひとつではないでしょうか?朝食をとるときに使える英語をご紹介します。

 

まず、朝食会場の入り口でウエイターに”How many persons?”(何名様ですか?)と聞かれたら”Two please.”(2名です)と、人数を答えましょう。

 

(何名様ですか?)

”How many persons?”

 

(2名です)

”Two please.”

 

ホテルの朝食はビュッフェスタイル(buffet)が多いようですが、一品料理(a la carte)が出されることもあります。”Which would you like, buffet or a la carte?”(ビュッフェと一品料理、どちらがよろしいですか?)と尋ねられたら、”We prefer buffet.”(ビュッフェにします)と伝えます。

 

(ビュッフェと一品料理、どちらがよろしいですか?)

”Which would you like, buffet or a la carte?”

 

(ビュッフェにします)

”We prefer buffet.”

 

ビュッフェでは自由に自分の好きなものを取って食べますが、例えば、料理が無くなっているので持ってきてもらうよう頼むことがあるかもしれません。その時は英語で”Could you bring some omelet?”(オムレツを持ってきてもらえますか?)と言います。料理に限らず、食器などを持ってきて欲しいときにも”Could you bring○○〜?”で伝えることができます。

 

(オムレツを持ってきてもらえますか?)

”Could you bring some omelet?”

 

英語表現を覚えて、ホテルでの朝食も優雅に楽しくとりたいですね。

 

【例文を読む】

I’d like to sit by the window.

窓際の席をお願いします。

 

Could you take this plate away?

お皿を下げてもらえますか?

 

なお、英会話フレーズをたくさん覚えるコツはメールで限定公開しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力