六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

空港で荷物が破損した場合、英語でどのように言えばよいでしょうか?」

【記事概要】

到着地の空港では、荷物の紛失とともに荷物の破損も起こりえます。荷物が破損していることを英語で”damaged baggage”と言います。

破損の場合は見つけたらすぐに”Baggage claim”(手荷物引き渡し所)で手続きを行わないと、後から気付いてクレームを付けても対応してくれない場合があります。

そのため、荷物を受け取ったらその場ですぐ破損していないかをよく確認した方が良いでしょう。引き渡し所では、航空機に乗る前から破損が無かったか、破損はどの程度かなどを係員がチェックします。

そして破損の原因が航空会社にあると判断されれば、航空会社が修理代を補償してくれます。破損したスーツケースを”repair”(修理)に出す場合は、一度スーツケースを持ち帰って中身を出した後、空のスーツケースだけを指定された修理場所に送ることになります。

修理されたスーツケースは後日持ち主のところへ届けられます。楽しいはずの海外旅行ではできるだけこのような事態には遭遇したくないものですが、空港でのトラブル、もし起こってしまっても英語で冷静に対応したいですね。

空港で荷物が破損した場合の英語表現を覚えて置くと役立ちます。

【例文を読む】

My suitcase has been dented.

スーツケースがへこんでしまいました。

A suitcase wheel has come off.

スーツケースのタイヤが取れてしまいました。

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。