六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「私にやらせてほしい。」と英語で伝えるにはどう言えば良いですか?

【記事概要】

「私にやらせてほしい。」と英語で伝えたい時には、"Let me."の英語表現を使いましょう。誰かを手伝う時や、「僕(私)ならできそう。」という時は、日常生活でもビジネスシーンでもありますね。

先日、ネックレスが絡んでしまい、どうしても指先が不器用な私は、取れずに諦めかけていたその時、"Let me."(私にやらせて。)と言って家族の1人が直してくれましたが、このように、私(僕)ならできそうなことがあった時に、英語でLet me.を使って、「私にやらせてほしい。」を伝えます。

困っている人がいて、「手伝いたいな。」と思うことは、日常生活で良くありますが、声を掛けるタイミングや声の掛け方って難しいですね。

"Let me have a try."(私にやらせてみてください。)の英語表現を覚えて置くと、困っている人がいたら声を掛けることができそうですね。

オフィスで重たい机を運んでいる女性、家で冷蔵庫を持ち上げて移動している奥さんを見たら、”Let me help you."(ほら、手伝うよ。)と気さくに声を掛けて手伝ってあげましょう。嬉しい声掛けですね。

「私(僕)にやらせてください。」の英語表現を覚えて置くと役立ちます。"Let me."の声かけで意外な所でチャンスをつかめることもあるかもしれません。

【例文を読む】

Let me think about it.

ちょっと考えさせて。

Let me ask you a question.

ちょっと聞きたいんだけど。

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。