六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

オスカーの最も大きな賞は、大きな驚きになることがある(USA TODAY)



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


【記事概要】

アカデミー賞の授賞式が迫ってきた今日この頃だが、ここでは、作品賞をめぐるオスカーの歴史を検証してみよう。時に、意外な作品が受賞し、歴史に名を残す名作が受賞していないケースがあるのだ。たとえば1942年は、オーソン・ウェルズの名作「市民ケーン」を抑えてジョン・フォードの「わが谷は緑なりき」が受賞。また、1981年はマーティン・スコセッシの「レイジング・ブル」を抑えて、ロバート・レッドフォードの「普通の人々」が受賞している。

【原文を読む】

・USA TODAY's Scott Bowles examines some of the bigger surprises in Oscar history and how they came about.

USA TODAYのスコット・ボウルズは、オスカー史上の大きな驚きのうちいくつかと、それが、どのようにして生まれたかを検証する。

・Chariots captured four statues, including one for Vangelis' score, and Reds captured three, including director for Warren Beatty.

「炎のランナー」はヴァンゲリスの作曲賞を含む4部門で受賞し、「レッズ」はウォーレン・ベイティの監督賞を含む3部門で受賞した。

【原文リンク】 http://www.usatoday.com/story/life/movies/2014/02/16/oscar-upsets-through-the-years/5541533/

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。