六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「〜してもらえますか?」は英語でどういえば良いでしょうか?

【記事概要】

「〜してもらえますか?」は英語でWould you?を使いますが、例えば、スキー場で転んでしまって足を痛めて歩けない場合、"I need someone to help me. Would you?"(助けてもらいたいですのでが、してもらえますか?!)のニュアンスとなります。

例えば、オフィスでタバコを買いに行く同僚がいて、自分は、手が離せなくて買いに行けない場合など、"Would you do me a favor?"と声を掛け,(お願いがあるんだけど。)とまず伝えて、次に、"Would you buy a marlboro cigarette?"(マルボロのタバコを買ってきてもらえますか?)とお願いしてみましょう。

仕事が忙しくなってきたので、残務処理をアシスタントの人にお願いしたい時は、英語で"Would you give me some help?"(少し手伝ってもらえるかな?)と聞いてみます。

お願いする側も、期限を最初に伝えたり、頼まれた側もできることであれば気持ち良く引き受けるようにしたいものですね。助け合い、お互い様の気持ちを大切にしましょう。

「〜してもらえますか?」を英語で上手に伝える表現方法を覚えて役立ててください。

【例文を読む】

Would you correct it?

訂正してもらえますか?

Would you lend me your pen?

ペンを貸してもらえますか?

Would you help me move?

引っ越しを手伝ってもらえますか?

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。