六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「〜しないで。」を英語で伝えるにはどう言えば良いでしょうか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


【記事概要】

英語で「〜しないで。」を伝える時は、Keep it.を使って表現します。例えば、人事移動の発表前に本人に先に伝えることは良くあります。"Keep it a secret."(秘密にしてください。)など部署移動について伝える時も使えます。

もし、タバコや休憩ばかりしている社員がいて、仕事への態度が良くない場合など目にあまり注意をしなければならない場合もあるかもしれません。個室やブースで状況を聞く、注意点を指摘しなければならない事もある場合、まずは、注意点を具体的に伝えたら、Keep it in mind.(心に留めておいてください。)と伝えましょう。お互いに嫌な時間となりますが、伝えなければならこともあります。

keep it.には「それを〜の状態にしておく。」という意味もあります。例えば、親切にしてくれたタクシードライバーの方に、「お釣りは入らないのでとっておいてください。」と伝えたい時にも使えます。自己都合で急いでいてお釣りはいらないという場合も同じです。

オフィスで書類を整理する場合がありますが、"Do you need this old documents?(この古い書類は必要なの?)と聞かれて、まだ捨てないでほしい場合は、Keep it.(捨てないで。)と英語で伝えます。家庭でも良く使う表現なので覚えて置くと役立ちます。いらない物を捨てないとオフィスも部屋も散らかるばかり、捨てる勇気も必要です。

「〜しないで。」を英語で伝える表現方法を覚えておけば、あらゆる場面で使えるので大変役立ちます。

【例文を読む】

Keep it quiet.

静かにして。

Keep it on.

消さないでね。

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。