六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「〜してみたら?」と英語伝えるにはどう言えば良いでしょうか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


【記事概要】

「〜してみたら?」を英語で伝える時には、ust try.を使いましょう。「〜してみたら?とにかくやってみたら?」と英語で相手に伝える時に使う表現で、"Just try+(行うこと)で表現します。

ドキドキ感や緊張感が強くて、自分の実力を出し切れない人は多くいます。実は、やればすぐ覚えて、実力を発揮できるの人ばかり、もったいないです。

周囲から"Just try."「〜してみたら?、とにかくやってみたら?」の一声に本人の気持ちもポジティブに変わることが多いものです。不安感や自信のなさから尻込みしている人には,英語でJust try.を伝えてあげましょう。

「〜してみたら?」"Just try."の英語表現は、相手がポジティブになれる英語表現です。例えば、"Just try your best."(とにかくだめもとでやってみたら。)言われたら、ダメかもしれないし、失敗するかもしれないけれどまー行って、やってみようかな。と思えますよね。

ビジネス場面で、大きな仕事を任されて自信がない人や新しい職場の面接試験に不安を感じている人がいたら、「とにかく行ってみたら?」とポジティブな英語表現で励ましましょう。

行ってきて良かったと笑顔で連絡があることも多いものです。踏み出して良いことがある考えるならば、Just try.の英語表現で相手をポジティブな行動へ導いてあげましょう。

初めての海外出張で、英語も環境も大丈夫かな?と不安に思っている人がいたら、"Just try to have a good time."(とにかく、楽しんできなよ。)と英語で声を掛けてあげましょう。初めては誰しも不安なもの、でも一度経験すれば自信につながるはずですね。

Just try.とにかくしてみたら?の英語表現は覚えてビジネスシーン、日常生活でも幅広いシーンで役立ちます。

【例文を読む】

Just try talking to him.

とにかくカレと話す努力をしないとね。

Just try to have a good time.

とにかくエンジョイしてね。

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。