六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

キャラクターは学校で教授可能であり教授すべき(BBC)

【記事概要】

労働党の教育大臣であるハント氏がロンドンで行われた講演で、キャラクターは、学校で教えられることができるから教えるべきであると語った。特に、今の子供たちに必要なのは、強い意志でやり抜く力、他人への思いやり、自信、自分を知る能力等である。公立学校は、学問と同時に人間性を教育する必要がある。

【原文を読む】

・He believes this should be recognised at the heart of education.

彼は、これが教育の核として実現すると信じている。

・Character is not best taught through adversity.

キャラクターは、逆境を通して教えられることが一番よい方法ではない。

【原文リンク】 http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-26140607

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。