六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】旅立つ人へ英文メッセージの書くにはどのよう伝えれば良いでしょうか。

旅立ちの英文メッセージは、相手の状況に合わせて選びます。相手への思いを残すための英文メッセージは、いろいろと長く書くより、簡単にはっきりと、軽く書くのがポイントです。例えば、転勤で海外勤務をした方の場合、(帰国して本社勤務になっても、オフィスの皆さんを忘れません。)と英文で伝える時は、”I'll never forget you all in this office when I go back to my country working at the head office." 留学やホームステイを経験され帰国する時の英文なら、(この留学中、またはホームステイ中にあなた方からとても多くのことを学ぶことができました。)"I have learned many things from you during my study(home stay) in this country."旅立ちのお別れは寂しいものですが、経験は財産です。海外で過ごせた時間、経験できた文化、生活をサポートしてくれた周囲の人に感謝する気持ちをあなたなりの言葉(メッセージ)で伝えることが大切です。逆に、旅立つ人がいたら、笑顔で励まし、見送ってあげましょう。

【例文を読む】

It was really joyful everyday for me to work with you for three months.

あなたと一緒に働いた3ケ月間は本当に楽しい毎日でした。

This is not our parting. We shall surely meet again in Singapore. till then please take good care of yourself.

お別れではありません。またいつかこの国に来る日までお元気で。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは