六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英文レター、メールの書き方:英語で結びの挨拶をどのように書いたら良いでしょうか?

英文レター、メールを書く時の結びの挨拶の書き方は、文章の内容や状況によってさまざまな表現があります。英文レターやメールの内容に合った英語表現を選んで使うことが必要です。もうすぐクリスマスシーズン。海外の知人や友人に季節の挨拶を兼ねたクリスマスカードを送る方も多いことでしょう。海外への英文レター、メールで結びの挨拶を書く時には、「ご家族ですてきなクリスマスを!」“Please spend a wonderful Christmas with your family.”「みなさんにどうぞよろしくお伝えください。」”Remember me to everyone.”や「ご家族の健康をお祈りしています」”I wish you health of your family.”「またお手紙を書きます。」”I also write your letter.” などの表現も覚えて置くと役立ちます。英語の結びの挨拶は、英文レターや手紙を出す相手の事を思うと自然に決まります。英文レター、メールを書く時は、英語の辞書を片手に書き始めてみましょう。解らない英単語を調べながら書いた英文レター、メールが出来上がった時は達成感があるものです。海外の知人や友人から英文レター、メールをもらったらなるべく早めに返事を送るようにしましょう。英語の結びの挨拶を覚えて気軽に英文メール、レターを楽しんでください。

【例文を読む】

Please give my best regards to your family.

ご家族にどうかよろしくお伝えください。

I must close now.

これで、筆を置きます。

It’s very late now, so good night.

今日はもう遅くなりました。おやすみなさい。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは