六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英文メール・レターの書き方:住所を英語で伝える方法

英文メール、英文レターで住所を英語で伝える方法を紹介します。海外へ送るハガキや封筒に住所を書く時は、左から番地、町名区、市、郡、都道府県の順に書きます。例えば、(私の住所は、東京都世田谷区代田〇?〇?〇)の場合、My address is 〇-〇-〇,Daita, Setagaya-ku. 住所を上記にあてはめて英語で書いてみましょう。引っ越しの予定がある知人や友人に、「住所が変わったら知らせてね。」と英語で伝えたい時は、”Please let me know if you change your address.” (住所が変わったことを知らせてください。)区、市、府などを英語で書く時は、-ku, -shi ,-fuと横線でつなげます。郵便番号を英語で書く時は、〒を使う方法、”My zip code”の次に数字を書く方法もあります。海外へ封筒やはがきを送る時には、Air Mailの記載を忘れないようにしましょう。もうすぐクリスマスシーズン、クリスマスカード、季節の挨拶カードを海外の知人や友人に是非送りましょう。

【例文を読む】

May I have your address, please?

住所を教えて頂けますか?

あなたの住所と名前を書いてください。

Please write your name and address.

My zip code is one five three dash double oh five one.

郵便番号は、153-0051です。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは