六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英文メールの書き方:返信が遅れてしまったときの挨拶の書き方

今日は、英文メールの返信が遅れてしまったときの挨拶の書き方をご紹介します。忙しい合間、英文メールを確認したものの、返信が後回しになることは良くあります。メール返信が遅れてしまったときの挨拶は、まず最初にすぐに返信できなかったことに対してのお詫びをします。 次に、遅れてしまった理由を伝えましょう。 例えば、「仕事が忙しくてメールを返信できなかった」や、または正直に「うっかり忘れていた」と伝えても良いでしょう。「パソコンの調子が悪かった」という場合もときにはあるでしょう。ビジネス上では、事前に仕事の都合でメール返信が遅れる可能性があることを伝えておくとベストです。メールの返信が遅れてしまったときには、遅れた理由を記載することが大切です。 英文メールの返信が遅れてしまったときの挨拶の書き方は、英文レターでも同じように使えます。英文メールでの返信が遅れてしまったときの挨拶の書き方を覚えると、どうしても忙しくてメールを返信できないときの、焦るストレスを少しだけ軽くできます。

【原文を読む】

I am sorry I have not answered sooner.

すぐに返信できなくてごめん。

am sorry. I forgot to send you an email.

ごめんなさい。私はあなたにメールを送るのを忘れていました。

I was sorry.  I was busy at work and I couldn't contact you

私は仕事が忙しくてあなたに連絡が出来なかった。

My work is going to be busy until next Friday, so there will probably be days that I cannot send emails.

私の仕事は来週の金曜まで忙しく、そのためメールを送れない日もあるかもしれません。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは