六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「話の腰を折って申し訳ありません」と英語でいえますか?

英語の会議の途中、他の人が話している時によほど緊急のことで発言する時もあります。相手が話し終わるまで待つのが基本的なマナーですが、途中発言をする時には、interrupt(?を遮る)を使い、一言謝ってから発言をします。

Sorry to interrupt, but?(話の腰を折って申し訳ありませんが?)、また逆の立場で、自分の話を最期まで聞いてほしくださいと伝える時は、声を荒げずに落ち着いて話し続けるようにします。この表現方法をおぼえておくとビジネス会議で役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

Sorry to interrupt, but could I ask a question?

話の腰を折って申しわけありませんが、1つ質問してよろしいでしょうか。

Sorry to interrupt, but could you elaborate on that?

話の腰を折って申しわけありませんが、それについてもっと詳しく話していただけませんか。

Please hear me out.

最期まで聞いてください。

Wait.  I ‘m not done yet.

待ってください。まだ終わっていません。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは