六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「謝る」と英語でいえますか?

英語表現で謝る時の表現は2つあります。例えば、道を歩いていて人にぶつかっば場合は、”Excuse me”を使います。海外で地図をみながら歩いていて、道を尋ねたい時は、“Excuse me”と声をかけて聞きます。

謝るときは、”I'm sorry”ですが、外国では自分に非があることを認めて使う謝罪として使う表現なので日本人のようにすぐには使いません。ですから道で人にぶつかった時は”Excuse me”で済ませることが多いのです。

深く謝る時は日本語では、(申し訳ありません。)これを英語でいうと、“I'm very sorry”や “ I really sorry”になります。ちょっと要注意な謝罪英文をご紹介します。” I beg your pardon.は、文末を?にして疑問形にすると謝罪ではなく(もう一度言ってもらえますか?)お願いになってしまうので気を付けて使いましょう。

ビジネスシーンで、アポイントの時間に遅れることはあってはならない事ですが、もし遅れてしまったら(遅れてすいません。)I ‘m sorry, I'm late.や“I'm sorry to be late”と伝えましょう。

遅れたことに対して謝罪した後理由を伝えます。交通渋滞traffic congestionなどで、アポイントに遅れる場合は、携帯電話などから事前に連絡することをおすすめします。

謝罪の言葉に対する英語表現は、(いいですよ。)“It's all right”や That's ok.”(気にしないでください。)と伝える時は“Never mind”, Don't worry.””No problem.”を使います。

相手が謝罪してきた時“No problem”と伝えたいところですが、ビジネスシーンでは謝罪するような事態を極力さけるように日頃から注意が必要です。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは