六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「挨拶」と英語でいえますか?

挨拶は基本となるのは、海外でも同じです。英語だから気軽に挨拶ができる良い点もあります。英語の挨拶はいろいろな種類がありますね。

基本的な挨拶は、(こんにちは。)“Hello”ですが、もっと気軽に友達感覚で挨拶する時は、”Hi“オフィスで英語で電話にでる時も“Hello”を使います。“Hello”は、昼、夜でも使え、電話でも使えるのです。

朝の挨拶は、“おはよう”Morning” Good morning”ですが、海外生活の朝はどちらかというと”morning”の方が気軽に使います。夕方?夜ならGood evening、寝る前の挨拶は、“good night”

人と別れる時の挨拶は、Byeや Bye-byeなど、気軽に親しみのある挨拶を使います。日本でも使っている英語表現ですね。

また会う時に使う挨拶(さようなら/またね)“See you later”、See you tomorrow,オフィスで明日また会おう!こんな時にも使います。

別れ際の英語での挨拶には、いろいろあります。例えば、(また会おう)“See you sometime”や(またどこかで会おう)“See you around”、(気をつけて。じゃあね!)”Take care”などがあります。

バケーションを楽しむのが上手な海外の人々。オフィスで海外旅行や海外出張で休暇を取る人がいたら、(良い旅を?)“Have a nice trip”と気持ちよく送り出してあげましょう。

日本の会社では、まだ長期休暇を取ると。。。そんなに長い休みを取るなんて!と思われてしまうことがありますね。しかし、休みを有意義に過ごすことは良い仕事をするために大切です。これを英語で言うと、と、“It is important to spend a holiday significantly to do good work.”

良い仕事をするための充実した休暇は大切です。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは