六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「いつ、どこで, 誰が, 何を、なぜ、どのように」は英語でどのように言えば良いでしょうか?

f:id:rokutanjuku:20170226162841j:plain

いつ)when(どこで)where(誰が)who (何を)what (なぜ)why(どのように)howに(どれ)whichなどの疑問符を英会話で使うと会話の幅がぐ?んと広がります。

日本でも小学生の国語の授業で、いつ、誰が、どこで、何をしたという言葉遊びをしながら文章の構成を学ぶことがありますが、これと同じで、疑問符の使い方は、おぼえてしまうと役立ちます。

例えば、社内で出張の予定を聞く時には、

彼はいつ戻りますか?

”When is he expected back?”

彼は、いつから出張ですか?

”when does your business trip start?”

彼はいつ戻りますか?

” When do you expect do you back?”

海外出張へ行って質問する時は、

(切符はどこで買えますか?)

Where can I get a ticket? 

駅はどこですか?

Where is the station?

駅はどこですか。

Where is the railroad station?

(次の停車駅はどこですか?)

What is the next stop?

以上のように、Whereを使った英会話を使うと移動やアクセスをスムーズにさせます。

次はHowです。海外では移動する時に人に聞かないと解らないことが良くあります。

(この場所にはどのようにしていけばいいのですか?)

”How can I get to this place?”

(NY行きのバスはどれですか?)

”Which bus should I take for N.Y”?

オフィスでの疑問に対しての質問もマスターしておきましょう。

来社した人は誰ですか?

“Who is the person who visited an office?”

問題はなんですか?

“What is the problem?”

(なぜ彼は計画を変えたのですか?)

“Why did he change his plans?”

Wで始まる疑問符を Can I?やCould you?と組み合わせると英会話の幅が大きく広がります。海外出張、旅行でも役立ちます。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは