六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「窓側の席・通路側の席」は英語でどういえばよいでしょうか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


柳瀬です。今日のご質問は、「窓側の席・通路側の席」は英語でどのように言えば良いか?です。

飛行機や新幹線などで座席を予約する時にの英文です。(席を予約したいのですが。)”I’'d like to reserve a seat. ” (窓側の席をお望みですか。)と聞かれる”Do you request a seat by the window?) 

(窓側の席をご希望ですか。)”Would you like a window seat?”(はい、お願いします)。”Yes, Please”. 確認するときには、(私の席は窓側ですね)。”My seat is this window seat.

通路側の席を予約する時の英語表現をご紹介します。まず(席を予約したいのですが。)”I'd like to reserve a seat.”  (通路側の席をお願いします)。“ I 'd like an aisle seat, please.)

海外旅行など長いフライトの場合は、トイレが近いから通路側を希望する人もいたり、絶対窓側!という方ももちろんいます。

どちらにしても、希望がある場合は、早めの予約が安心ですね。2人分の席を予約したい時は、”I'd like to reserve a table for two.”と言いましょう。

帰国時など英語で予約や確認をする場合、「窓側・通路側」の席の確認をし、快適なフライトをお楽しみください。座席を予約する時の英語を覚えて役立ててください。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。