六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「昨年、来年、一昨年、再来年」は英語でどう言えばいいのでしょうか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


f:id:rokutanjuku:20170226162841j:plain

今回のご質問は、「昨年、来年、一昨年、再来年」を英語でどう言えばいいか?です。昨年は、英語で、“last year”.ですね。

 

(私は、昨年から転勤になった。)

I was transferred from last year.

 

(彼らの同僚は海外の支店に転勤になった。)

Their colleague was transferred to an overseas branch.

 

(彼は東京本社に転勤になった)。

He was transferred to the head office in Tokyo.”

 

来年を英語で言うと、“next year”.

 

 (彼女は、来年からニュージーランドへ転勤になります)。

She will be relocated to New Zealand.”

 

(私は、来年から海外へ転勤になります)。

”I am transferred abroad from the next year.”

 

「一昨年」は英語で、“the year before last”.

 

(弊社は事務所を16日より下記に移転しました)。

”Our company moved our office to the following place on 16th.“

 

「再来年」は英語で言うと、“the year after next”. メールで書く場合の例を紹介します。

 

(来年度までに新卒者を10名採用する予定です)。

”We are going to recruit 10 new graduates by the year after next.

 

「昨年」や「来年」は良く使う英単語ですが、「一昨年」、「再来年」は英語で言うと?考えてしまうことがあります。“その年の前”、“その年の後”と日本語で考えてみると自然と英語表現が出てきます。

 

「昨年、来年、一昨年、再来年」などの、時の英語表現を覚えて、役立ててください。年末には特に使う言葉です。昨年の反省や来年の豊富なども付け加えて英語で話してみましょう。

 

なお、英会話フレーズをたくさん覚えるコツはメールで限定公開しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力