六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「夕方に・夜・真夜中に」は英語でどう言えばいいのでしょうか?

「夕方、夜、真夜中」を英語でどう言えば良いのか解説します。

 

英語では、時間帯(夕方、夜、夜中)を使い分けます。夕方は“in the evening”です。たとえば“(昨夜家でパーティをした)は”We had a party at home yesterday evening."と言えるでしょう。

 

(昨夜家でパーティをした。)

”We had a party at home yesterday evening."

 

(私は夕方に会社に戻りました。)

“I came back to the company in the evening.”

 

(夕方に会社にお立ち寄りください。)

“Drop by my office this evening.”

 

「夜」は英語で“at night”.です。

 

(夜、飛行機に乗ります)

“I board an airplane at night.”

 

「真夜中」は英語で“at midnight”。「夜通し」は、”all through the night” 。「昨夜」は、“last night”です。

 

(仕事が夜通しかかった。)

It took work all through the night.

 

(昨夜は良く眠った。)

I slept well last night.

 

afternoonは「午後全体」の時間帯を表します。つまり正午から夕方までを示します。午後1時くらいなら、just after noon とも言い、夕方近い時間なら、“late in the afternoon” という言い方があります。日本語の夕方は、午後5時〜午後7時くらいのことを言いますから、違いを知っておきたいですね。

 

evening「は暗くなってから寝るまで」を示しています。ですから午後9時頃であっても、日本語では夜と言いますが、英語ではnightではなくeveningと言います。ですので夜9時に人に会っても“good evening”と言います。

 

nightは「就寝後」の時間になります。ですので“Good night”は(おやすみなさい)の挨拶となります。

 

このように時の表現は、英語と日本語では少し時差がありますね。良く使う言葉なのでまとめて覚えてしまいましょう、これがポイントです。

 

なお、英会話フレーズをたくさん覚えるコツはメールで限定公開しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力