六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「〜してよろしいいですか」は英語でどう言えば良いでしょうか?

「〜してよろしいですか」は英語で言うと“May I(〜)?。”May I take this one here?(ここにあるのを一部いただけますか。)会社案内や商品パンフレットなどをもらう時に使えます。

”〜していいですか。”ともう少し簡単に言う場合、“Can I (〜)?”例文で、Can I take this one here?( ここにあるのを一部もらえる?)になります。

“May I smoke?”(たばこを吸ってもいいですか?) 手にタバコを持っている人が”May I?”と言ったなら、たばこ吸ってもいいですか?と聞いていることになります。

May I? と聞いてからタバコを吸うシ〜ンはCMなどでも良く使われている表現です。日本の喫煙者も海外へ行ったら“May I?”を忘れないようにするとマナーが良いです。

次は、相手の名前を聞く時の表現の例文です。“May I have your name, please?”(お名前は?) “May I have the company name? (貴社の名前は?) 窓口で、May I have your name, please? どなたですか?

会社へ訪問時での待ち時間や海外への向かう飛行機内でコーヒーを頼む時の表現を紹介します。“May I have a cup of coffee with cream and sugar?” (クリームと砂糖入りのコーヒーを1杯いただけますか。)ちょっとした英語表現が使えるだけで、待ち時間や移動時間が快適になります。

(〜して)よろしいいですか。の英語表現は、��May I〜“と”Can I”がありますが、場面に合わせて使い分けることが必要です。 丁寧に言う必要のある場所では、��May I〜“気さくに聞いてみる時は”Can I”です。

海外では、この二つの表現は頻繁に使うので覚えて役立てましょう。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。