六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「お尋ねしますが」は英語でどう言えば良いでしょうか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


「お尋ねします」は、英語で言うと”Excuse me,〜“。 (ちょっとお尋ねしますが、出口はどこでしょうか?)と尋ねる場合は、”Excuse me, but where’s exit, please?”

道を尋ねる時は、”Excuse me〜”から始めますが、この言い方はさまざまな場面で使うことができます。

もう少し丁寧な言い方をご紹介します。 “I make so bold as to ask you.” (失礼ながらお尋ねいたします.)

詳しくは別の人に尋ねてくださいと言う場合、“For further particulars, I refer you to Mr. Suzuki. (尚、詳しいことは鈴木氏にお尋ね願います.)

見積もりを確認する時の表現について。”I would like to ask just in case, but are you certain that there are no mistakes in this quote? (念のためお尋ねしますがこの見積もりに間違いはありませんか?)見積もり書の確認はとても重要です。チェックをお忘れなく。

あのう。。。 から始める時は、“Say,〜、”。Excuse me〜“より簡単な言い方です。どちらも場面で使い分けましょう。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。