六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【洋画のニュース】高校生のいじめを題材にしたドキュメンタリー映画、R指定からPG-13へ緩和



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


ハワイ

ハーヴェイ・ワインスタインがプロデュースを手掛けた、高校のいじめを題材にしたドキュメンタリー映画『ブリー(原題) / Bully』が、暴言を3か所カットしたことで当初受けたR指定からPG-13のレーティングへと緩和された。

R指定では、17歳以下は鑑賞する際に保護者の同伴が必要となるほか、学校で上映することも不可能となります。

ワインスタイン氏は3月、MPAAのレーティングを無視して制限表示なしで公開に踏み切っていました。すると、この編集版がMPAAから新たに、PG-13のレーティングを受けることに。

PG-13は、鑑賞制限はないが13歳未満は保護者の注意が必要、というレーティングで、広く子どもたちも見ることができるそうです。

ハーシュ監督はこの言葉について「いじめられている子が毎日のように直面するもの」と語っているが、リアリティーを残したままPG-13のレーティングを得たことは、映画にとっても、それを見る子どもたちにとっても大きな意味を持つに違いないでしょう。

非常識な英語習得法 -英語初心者でも上達する365の方法-


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。